Japan Manga Alliance

Company Profile

企業情報

株式会社ジャパンマンガアライアンス(Japan Manga Alliance、本社:東京都板橋区、代表取締役:國枝信吾 以下JMA)は、株式会社アニメイト、株式会社KADOKAWA、株式会社講談社、株式会社集英社、株式会社小学館の5社で2015年9月1日に設立した合弁会社です。

近年、海外において日本発マンガ・アニメの人気が非常に高まっています。 しかし、その一方で、日本の作品の情報が正しく伝わらない、海賊版が跋扈している等々、さまざまな問題が解決されずにいるという現状があります。 そうした状況に対応するため、著作権・権利関係がきちんと尊重され・守られ、ニセモノではなく、すばらしい本物の作品にファンが接する場所を提供し、日本マンガ・アニメのファンが爆発的に広まるインフラ作りを行うことが設立の目的です。

“ホンモノ”のマンガ・アニメ関連商品をファンが実際に手に取って購入できる実店舗の運営を通じ、海外における海賊版対策の強化そして日本のマンガ・アニメの海外展開をオールジャパンで強く促進します。 また最新情報の発信と現地リサーチをおこない、インバウンドの拠点を作ることも目指しています。

【会社概要】

正式名称
株式会社ジャパンマンガアライアンス(Japan Manga Alliance)
所在地
東京都板橋区弥生町77-3(アニメイト本社内)
代表取締役
國枝信吾(株式会社アニメイト取締役)
取締役
塚本進(株式会社KADOKAWA常務執行役員)、峰岸延也(株式会社講談社取締役)、
隅野叙雄(株式会社集英社コミック販売部部長)、相賀信宏(株式会社小学館取締役)
資本金
4億9600万円

事業内容

最初の取り組みとして、東南アジアのタイ・バンコクにマンガ・アニメショップを出店することを発表しました。 2015年9月28日にJMA100%出資の現地法人「animate JMA Co.,Ltd」を設立し、店舗オープンは2016年春を予定しています。
ショップにおいては、国内のアニメイト同様にマンガ、アニメ、キャラクターグッズ、映像ソフト、フィギュアなど関連商品を幅広く展開するとともに情報発信スペースも設けます。